薬なしの薄毛対策 テストステロン育毛法 実践編(6大項目) | 20代から考えるアンチエイジング(老化防止) | 20代で始めるべきこと 

20代から考えるアンチエイジング(老化防止)
薬なしの薄毛対策 テストステロン育毛法
アンチエイジング
2017-03-31
薬なしの薄毛対策
テストステロン育毛法 実践編
(6大項目)


こんにちは管理人です。

アラサー以降の最大の悩みの1つである「薄毛」に対して、
管理人は薬を一切使わない「テストステロン育毛法」を提唱しております。

簡単に言えば

テストステロンを高める(維持する)ことで、
薄毛の原因であるDHTの発生を抑え、薄毛になるのを防ぐ

という理論です。

理論の詳細はこちらの記事をご一読ください。
テストステロン育毛法 理論編


今回は実践編として、具体的にどのようなことを行うのかについて、6大項目を説明していきたいと思います。


テストステロン育毛法の6大項目

管理人が提唱する「テストステロン育毛法」の具体的なアプローチは主に以下の①~⑥となります。

テストステロンを高める(維持する)
育毛に良い栄養素を摂取する
頭皮や体全体の血行を改善する
頭皮や体全体の細胞を若く保つ
頭皮環境を整え、適度な刺激を与える
量・質ともに良い睡眠をとる


最も重要なのは①テストステロンを高める(維持する)ですが、 その効果を最大限に発揮するためのアクションが②~⑥になります。

各項目の詳細についてはリンク先を参照下さい。


今主流の薬による治療などは一切行いません。
基本的には普段の生活習慣を改善することがメインとなります。

管理人は薄毛は病気ではなく、あくまで「老化現象」の1つだと考えています。
老化現象に「薬」を使うのはやはり不自然なことだと考えます。

あくまでアンチエイジングの一環として、自助努力で可能な限り維持していく、
というのが基本的なスタンスとなります。

薬や育毛剤による治療のようにお金がかかるわけではないので、挑戦してみる価値はあると思います。




<関連記事>
AGA治療薬による薄毛治療をオススメしない理由
   
市販のほとんどの育毛剤がムダである理由
   
育毛は1日にしてならず
   





<あなたにオススメの記事>

テストステロン育毛法 理論編
   
テストステロン育毛法 実践編(6大項目)
   
AGA治療薬による薄毛治療をオススメしない理由
   
育毛においては「気にしないこと」がかなり重要である
   
オタクにハゲが多い(気がする)理由
   



「テストステロン育毛法」の記事一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Sousei's」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー
<関連サイト>
総政ゴルフ部のゴルフコース全ホール写真付きレポート


アラサー男子のためのファッションサイト Around 30 Mag