テストステロン育毛法 実践編① テストステロンを高める(維持する) | 20代から考えるアンチエイジング(老化防止) | 20代で始めるべきこと 

20代から考えるアンチエイジング(老化防止)
薬なしの薄毛対策 テストステロン育毛法
アンチエイジング
2017-11-21
テストステロン育毛法 実践編①
テストステロンを高める(維持する)


こんにちは管理人Kです。

アラサー以降の最大の悩みの1つである「薄毛」に対して、
管理人は薬を一切使わない「テストステロン育毛法」を提唱しております。

理論の詳細はこちらの記事をご一読ください。
テストステロン育毛法 理論編


今回はテストステロン育毛法の6大項目のうち、
最重要項目と言える「テストステロンを高める(維持する)」について説明していきたいと思います。


テストステロンを高める(維持する)


これがテストステロン育毛法の基本であり、最も重要な点です。

テストステロンは筋肉量を増やしたり、性欲を高めたり、やる気を出したりする、男性にとって超重要な男性ホルモンです。

管理人が有力視している理論では、
テストステロンが減少すると、それを補うために薄毛の原因となるDHTが増加します。




逆に言えば、テストステロンを高いまま維持できればDHTは発生しないことになります。


またテストステロンそのものにも髪の毛を太くする作用があるといわれます。
女性と比べ男性の髪の毛が太いのはテストステロンによるものです。

テストステロンを高めることでDHTの発生を抑えるという間接的効果と、髪を太くするという直接的効果を得ることができます。


ちなみにオスのライオンのたてがみは、テストステロンが高いほど色が濃く、ふさふさしていることが分かっています。




テストステロンは20歳頃をピークにゆるやかに減少していくので、 それに伴い反比例的にDHTが増加し、薄毛が進む、と考えればつじつまが合うとは思いませんか?


テストステロンは運動や食事、睡眠、ストレスを減らすなどあらゆる方法で高めることができます。
管理人は育毛に限らず、男性の若さの源としてテストステロンに着目しています。

テストステロンを高める具体的方法についてはこちらのページを参照してください。
アンチエイジングのカギ テストステロンを高めよう


その他のテストステロン育毛法 6大項目は以下を参照。
テストステロン育毛法 実践編(6大項目)


<関連記事>
AGA治療薬による薄毛治療をオススメしない理由
   
市販のほとんどの育毛剤がムダである理由
   
育毛は1日にしてならず
   





<あなたにオススメの記事>

テストステロン育毛法 理論編
   
テストステロン育毛法 実践編(6大項目)
   
AGA治療薬による薄毛治療をオススメしない理由
   
育毛においては「気にしないこと」がかなり重要である
   
オタクにハゲが多い(気がする)理由
   



「テストステロン育毛法」の記事一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Sousei's」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー
<関連サイト>
総政ゴルフ部のゴルフコース全ホール写真付きレポート


アラサー男子のためのファッションサイト Around 30 Mag