テストステロン育毛法 実践編⑤ 頭皮環境を整え、適度な刺激を与える | 20代から考えるアンチエイジング(老化防止) | 20代で始めるべきこと 

20代から考えるアンチエイジング(老化防止)
薬なしの薄毛対策 テストステロン育毛法
アンチエイジング
2017-11-21
テストステロン育毛法 実践編⑤
頭皮環境を整え、適度な刺激を与える


こんにちは管理人Kです。

アラサー以降の最大の悩みの1つである「薄毛」に対して、
管理人は薬を一切使わない「テストステロン育毛法」を提唱しております。

理論の詳細はこちらの記事をご一読ください。
テストステロン育毛法 理論編


今回はテストステロン育毛法の6大項目のうち、
「頭皮環境を整え、適度な刺激を与える」について説明していきたいと思います。


頭皮環境を整える



おそらく薄毛になりにくい遺伝子を持っている人はシャンプーとかは全く気にしなくてもハゲないでしょう。

しかし、薄毛になりやすい遺伝子を持った人は、テストステロンや摂取した栄養素を最大限活用するために頭皮環境を整えることも重要なアプローチとなります。

まず、頭皮が固いと血流が悪くなるため、頭皮のコリをほぐし、血流を良くすることが重要です。

また、頭皮に優しいシャンプーを使い、洗い残しがないように丁寧にすすぐことも大切です。


【関連記事】:シャンプーと育毛の関係と、おすすめシャンプーと洗い方などについて


適度な刺激を与える

また、育毛には「適度な刺激」が必要と考えられています。
人間の体毛がなくなったのは衣服を着たり、火などの道具を使うようになったためとも言われます。


髪の毛も同じで、頭や脳を熱や冷気、刺激から守るためにあると言われ、 そうした刺激がないと退化して薄毛になるという説を述べる専門家がいます。
(日光やブラッシングによる刺激等)

詳しくは以下の記事で考察していきたいと思います。
【関連記事】:ブラッシングが育毛に良い理由 -適度な刺激は育毛に有効-



以上、「頭皮環境を整え、適度な刺激を与える」ということについて説明しました。

1つ勘違いしないでいただきたいのは、
シャンプーのような外的な力だけで髪が生えるわけではない、ということです。
最大の要因はテストステロンが変換されたDHTです。

よって、テストステロンを高めることでDHTを抑え、
髪を育てる成分を頭皮に送るために血行を促進するなどの内的なアプローチが最重要です。

シャンプーのような外的なアプローチはあくまでも補助的に考え、
高価な偽育毛シャンプーなどに手を出さないように気を付けましょう。


その他のテストステロン育毛法 6大項目は以下
テストステロン育毛法 実践編(6大項目)

<関連記事>
AGA治療薬による薄毛治療をオススメしない理由
   
市販のほとんどの育毛剤がムダである理由
   
育毛は1日にしてならず
   





<あなたにオススメの記事>

テストステロン育毛法 理論編
   
テストステロン育毛法 実践編(6大項目)
   
AGA治療薬による薄毛治療をオススメしない理由
   
育毛においては「気にしないこと」がかなり重要である
   
オタクにハゲが多い(気がする)理由
   



「テストステロン育毛法」の記事一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Sousei's」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー
<関連サイト>
総政ゴルフ部のゴルフコース全ホール写真付きレポート


アラサー男子のためのファッションサイト Around 30 Mag