ゴルフがとにかく楽しい3つの理由 | 社会人になったらゴルフを始めよう | 20代で始めるべきこと 

社会人になったらゴルフを始めよう
ゴルフコラム
ゴルフ
2017-10-13
ゴルフがとにかく楽しい3つの理由


いきなりですが、ゴルフは楽しいです。

管理人も回数は少ないですが、毎年数ラウンド、会社の人や友人と楽しんでいます。


しかし、なぜゴルフはこんなにも楽しいのでしょうか?

その理由を冷静に考えてみると、大きく3つの理由が浮かんできました。


ゴルフをやらない人にはなかなか理解してもらえないゴルフの楽しさ。
そんな方にも伝わるように、今回はゴルフがとにかく楽しい3つの理由をご紹介します。


理由① 会話しながらプレーできるから

ゴルフがとにかく楽しい理由①は

「会話しながらプレーできるから」

です。



ゴルフの大きな特徴は、長い時間をかけてプレーすることにあります。

18ホール全て回ると、4時間~4時間半かかります。

その間、ずっと走り回っているわけではなく、ホール間を移動したり、打ったボールまで移動したりと、 自分がボールを打つ以外の時間がけっこうあるわけです。


その時間は、自然と仲間との「会話」に費やすことができます。


大人になると、学生時代の友人などとゆっくり集まって話す機会も減ってきます。

そんな中「ゴルフ」という時間を通じて、友人と近況報告や将来の話、昔のようなバカ話ができるのです。
これは非常に貴重で、何事にも代えがたい、とても楽しい時間となります。


他のスポーツでは、プレー自体を楽しむことはできても、 ゆっくり会話しながら、というのはなかなか難しいことだと思います。

さらにゴルフにおいてはプレー中のみでなく、途中食事をとったり、プレー後にはお風呂にも入ります。
ここまでコミュニケーションの機会が多いスポーツは他にはありません。


「会話をしながらプレーできる」ということは、ゴルフの大きな特徴でもあり、ゴルフを楽しいと思わせてくれる、大きな要因の1つです。


理由② 実力差があっても真剣勝負ができるから

ゴルフがとにかく楽しい理由②は

「実力差があっても真剣勝負ができるから」

です。



ゴルフは、相手とのやり取りで結果を競うスポーツではなく、
自分の打数をいかに少なくするか、ということが目標です。

なので、スコアにハンデキャップを設定すれば、同伴者に実力差があっても問題ありません。

適切なハンデキャップを設定し、各々が自己ベストを出せるようにプレーすることで、 実力差があっても真剣勝負をすることができるのです。


野球やサッカー、テニスといった、相手とのやり取りで勝負するスポーツでは、 実力差がある場合、どうしてもいずれかが手を抜かなければなりません。

しかし、ゴルフは実力を問わず真剣勝負ができるので、一緒に行く仲間と実力差があっても楽しむことができます。


人間は本能的に「何かを競う」という行為が好きなのでしょう。


大人になって友達と映画を見に行ったり、食事に行くだけでは物足りないことがありますが、 ゴルフで真剣勝負をすることで、「競う」ということへの欲求を満たすことができるのです。


理由③ クラブ選びやコースレイアウトなど、考える要素が多いから

ゴルフがとにかく楽しい理由②は

「クラブ選びやコースレイアウトなど、考える要素が多いから」

です。



ゴルフは、ドライバーからパターまでの多様なクラブの中から、 各シチュエーションにおいて最適なクラブを選んで打つことになります。

そのシチュエーションも、飛距離だけでなく傾斜、曲がり、芝の長さ、風など、考慮すべき要素が無限にあるわけです。


このように「考える」という要素が多いことが、ゴルフの大きな魅力です。


あれこれと考えて打った結果、それがピタッとはまった時の快感はクセになります。

「状況を考え、最適な選択肢を持ってクリアする」という点が、ゴルフをとにかく楽しくさせる要素であり、 ゴルフが経営者に人気である大きな要因なのではないかと思います。

経営者はもともと探究心や向上心の強い人種だと思うので、 その性格に、ゴルフはぴったりだと言えます。


また、サッカーやバスケットのようなスピーディーなスポーツは、 どうしても運動神経やセンスに左右されます。

一方で、ゴルフは運動神経に左右されにくいスポーツです。
運動神経以上に「考える」という要素が強いことが、大人にとって楽しい大きなポイントなのです。


ゴルフがとにかく楽しい3つの理由 まとめ

ゴルフがとにかく楽しい理由をまとめると以下の3点。

理由① 会話しながらプレーできるから
理由② 実力差があっても真剣勝負ができるから
理由③ クラブ選びやコースレイアウトなど、考える要素が多いから


この3要素を全て満たすスポーツ(遊び)はなかなか思い浮かびませんでした。

スノーボードやサーフィン、登山なんかが傾向としては近いのかもしれませんが、 いずれもあまり「競う」という性質を持ったものではありません。

ビリヤードやダーツも近いかもしれませんが、考える要素がゴルフ程は多くないと思います。


会話を楽しみつつ、色々考えて真剣勝負ができる。


この他のスポーツにはない、唯一無二の要素が「ゴルフをとにかく楽しくさせる理由」なのです。

食わず嫌いな人も、是非、ゴルフを始めてみましょう。
きっと今まで知らなかった楽しさに気が付けるはずです。


<関連記事>
初心者がスイングで意識すべきたった3つのこと
   
ゴルフがとにかく楽しい3つの理由
   
ドライバーで絶対にOBを出さない方法
   





<あなたにオススメの記事>

社会人がゴルフを始めるべき3つの理由
   
ゴルフはお金がかかるスポーツではない!
   
雨の日のゴルフの楽しみ方
   
ゴルフがとにかく楽しい3つの理由
   
初心者がスイングで意識すべきたった3つのこと
   


「ゴルフコラム」の記事一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Sousei's」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー
<関連サイト>
総政ゴルフ部のゴルフコース全ホール写真付きレポート


アラサー男子のためのファッションサイト Around 30 Mag