20代で始めるべき「投資」
投資コラム
投資
2016-12-20
20代で投資を始めるべき本当の理由


若いうちに投資を始めるべき理由としてよく言われるのが、

・老後資金を確保するため
・不労所得を得るため

といった理由です。
どちらも間違いではありませんが、これらが必ずしも正しいとは言えないと管理人は考えています。

投資には必ずリスクがあり、元本よりお金を減らす可能性もあります。
そうなったら老後資金や不労所得どころではありません。
おとなしく貯金をしていたほうが、よっぽど確実に老後資金を貯めることができます。
(もちろん貯金だけでは足りないという意見もあるでしょうが、マイナスになるよりは、という話です。)

管理人は投資を始めるべき本当の理由は他にあると考えています。
今回は、管理人が考える「20代で投資を始めるべき本当の理由」をご紹介します。


①政治経済や社会のシステムに興味が沸く

20代のうちに投資を始めるべき一つ目の理由は

「政治経済や社会のシステムに興味が沸く」

ということです。



投資を始めると新聞やニュースなどの政治・経済情報を意識して見るようになります。

そこから今後伸びそうな業界・国を探し、各国の経済政策などの情報を得て、 新たな投資先を見つけたり、利確・損切りのタイミングを考えたりします。

また、ニュースで「金利が下がりました」と言っていたとすると、 普通にサラリーマンとして働き、貯金をする生活をしている場合、 「貯金しても利息がつかないな~」で終わってしまいます。

しかし株や為替に投資をしている場合、

「なぜ金利が下がったのか」

を考えるようになります。

現代社会の経済システムについて調べ、金利が下がっている原因、 利下げが与える影響や、逆に金利が上がっている国はどこか?などを考え、それを新たな投資につなげます。

投資を始めるべき大きな理由がここにあります。

投資をしているのとしていないのでは、世界の政治経済や社会のシステムに対する興味がまるで代わってきます。
そして、政治経済等について情報を得たり考えたりすることで、あなたの知識や見識が広がっていきます。
時にはあなたの仕事に役立つ情報やアイデアにつながる可能性もあります。

投資は皆さんの世界を確実に広げてくれる重要なきっかけとなるのです。


②自分の力でお金を稼ぐという感覚を身に着ける

20代のうちに投資を始めるべき二つ目の理由は

「自分の力でお金を稼ぐという感覚を身に着ける」

ということです。



会社で働いて給料をもらっていると、まるで自分の力でお金を稼いでいるような感覚になってきます。
間違いとは言い切れませんが、大半は自分の力ではなく、会社の力です。

会社の歴史やブランド・看板があるからお金を稼ぐことができ、また失敗した時も会社が責任を取ってくれます。
しかし、毎日会社で働いているとその感覚を忘れてしまいます。

投資は、会社で働きながらできる一番身近な副業です。
そして投資は自己責任です。

しっかり勉強し戦略を立てて取り組めばお金を稼ぐことができますが、 何も考えずにやるとお金を失います。そしてその失敗は自分で責任を負うことになります。

投資を行うことで、「自分でお金を稼ぐ」という感覚を身に着けることができます。
お金を稼ぐということの難しさや、自分の力でお金を稼いだ時の喜びを実感できるのが投資の魅力です。

そこから、会社のありがたみを感じ、もっと頑張ろうと思う人もいるでしょうし、 逆に、自分でお金を稼ぐことに魅力を感じ、独立したり起業したりする人もいるかもしれません。

いずれにせよ、投資を通じて「自分の力でお金を稼ぐ」という感覚を身に着けることは、 皆さんのお金に対する考えを深め、そして人生の選択肢を増やすことにつながるのです。


③「資産」を持つことの重要さを知る

20代のうちに投資を始めるべき三つ目の理由は

「資産を持つことの重要さを知る」

ということです。

20代の皆さんは漠然と「お金持ちになりたい」と考えたことがあると思います。
しかし、具体的にお金持ちになる方法を考えたことはあるでしょうか?
(宝くじに当たったらな~というバカな発想は、考えたうちに入りません。)

確実にお金持ちになる方法はたった一つ。
それは、お金を生み出す「資産」を持つことです。

サラリーマンとして稼げる給料には限界があります。
大企業などで年収が1,000万を超える人もいますが、平成26年の調査では日本人のうちたった4%です。
就職や昇進には人付き合いや運など実力以外の要素も大いに関係してくるため、確実にお金持ちになる方法とは言えません。

しかし、お金を生む「資産」を持つことでその限界を簡単に突破することができます。
「資産」は人間と違って休むことなくお金を生み出してくれる可能性があります。

お金を生む「資産」とは以下のようなものです。

・株や債券などの金融資産
・アパートや土地などの不動産
・曲、小説、発明などの知的財産
・自分のビジネス(会社等)

このうち、知的財産やビジネスはアイデアや才能を必要とするため、誰でも持てる資産とは言えません。
しかし、株や債券などの金融資産や不動産は、ある程度の資金が手元にあれば誰でも持つことができます。

これらを買うことはまさに「投資」
「投資」は誰にでもできる「資産を持つ方法」であり、「お金持ちになる方法」なのです。

もしかしたら投資で失敗して資産や資金を失う可能性もあります。
でも資金は会社で働けばまた貯めることができます。

大事なのは「資産」を持つことの重要さを知り、「資産」を持つことが確実にお金持ちになる唯一の方法であるということを知ることです。

ただ漠然とお金持ちになりたいと考えていては何も始まりませんが、 投資を始めることで、その夢が少しだけでも実現可能な目標となるのです。

資産を持つことの重要性について、今更ながら以下の本をご紹介します。
投資に興味がない人でも、以下の本を読むと、間違いなく投資 あるいは何らかの資産を持ちたい、と考えるようになると思います。

金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学



20代で投資を始めるべき本当の理由

以上、管理人が考える、20代で投資を始めるべき本当の理由を3つ紹介しました。
まとめますと

①政治経済や社会のシステムに興味が沸く
②自分の力でお金を稼ぐという感覚を身に着ける
③「資産」を持つことの重要さを知る

皆さんに投資を始めてほしい本当の理由は、お金を増やすためということではなく、
これら3つの考え方を身に着けてほしいという点です。

こうした考え方は、投資を始めないとなかなか触れる機会のない考え方です。
しかし、皆さんが人生の選択肢を増やし、より豊かに生きるためにはどれも欠かせない考え方でもあります。

投資を始めてうまくいく人もいれば、うまくいかない人もいます。
もしうまくいかなくて投資をやめてしまっても、20代という若いうちに投資を通じて得られるこの3つの考え方は 皆さんの今後の人生に必ず役に立ってくるはずです。

「必ずお金を増やす!!」などとあまり力まず、肩の力を抜いて、 是非20代の若いうちに投資を始めてみませんか。



<関連記事>
仮想通貨に投資すべきか
   
円が安全資産である理由
   
アメリカが利上げするとドル高になる理由
   





<あなたにオススメの記事>

20代で投資を始めるべき本当の理由
   
投資初心者には「分散型投資信託」がオススメ
   
FXで稼ぎたいなら業者は「XM」がオススメ
   
西原宏一のFXメルマガは本当に稼げるのか
   
仮想通貨に投資すべきか
   


「投資コラム」の記事一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Sousei's」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー
<関連サイト>