20代のうちは食わず嫌いせず何でもやってみよう! | 20代から知っておきたい遊び・生活情報 | 20代で始めるべきこと 

遊び・生活
2017-01-24
20代のうちは食わず嫌いせず何でもやってみよう!


人間には誰でも好き嫌いがあります。
食べ物にしても、付き合う人にしても、遊びにしても。

その好き嫌いが、体験した上での好き嫌いならば全く問題ありません。
仕事でもないのに、楽しくないことを続けるのは時間の無駄です。

問題なのは「食わず嫌い」の状態。
実際に体験してもいないのに、「何となく」「イメージ的に」嫌いなのでやらない。
これは、本当にもったいないことです。

今回は管理人の実体験も交えつつ、「20代のうちは食わず嫌いせず何でもやってみよう!」ということについて書いていきたいと思います。


やってみて初めてわかる楽しさがある

管理人はもともと超保守的な人間です。
レストランに行っても同じものしか頼まないし、お金の無駄遣いになりそうな遊びには手を出さず生活してきました。
一方、大学でできた友人は無鉄砲で、何でもやってみないと気が済まないタイプ。
その友人のおかげで、管理人も食わず嫌いだったけど、やってみたら楽しかったということにたくさん出会いました。

その一つの例が「ゴルフ」です。



もともとゴルフには全く興味がなく、お金の無駄遣いというイメージがありましたし、スポーツとしてもバカにしていました。
(そもそもスポーツとみなしていませんでした。)

そんなゴルフを会社の付き合いでやる必要がでてきて、めんどうだな…と思っていましたが、友人がゴルフ好きだったこともあり 自分もやってみることにしました。

そして、完全にゴルフにハマってしまったのです。
いざやってみると想像以上に難しく、試行錯誤してうまく打てた時の爽快感はクセになります。
さらに大自然の中を歩くのはイメージよりも運動になり、また心身ともにリフレッシュされます。

確かにお金はかかりますが、飲みに行く+αの金額で丸一日遊べます。
(昼食時のビールや、ゴルフ後のお風呂は格別です。)

友人や会社の人との密なコミュニケーションも取れますし、風俗遊びなんかに比べればはるかに有意義なお金の使い方です。

このように従来のイメージは180度くつがえされ、今ではゴルフは管理人にとって一生楽しめるであろう趣味になってしまいました。


もう一つの例は「クラブ」
(踊るほうです。)



友人に無理矢理連れていかれるまでは、はっきり言って何が楽しいのかまったくわかりませんでした。
バカがバカ騒ぎしているだけの場所だ、と内心バカにさえしていました。
EDMなどの曲にしても、どれも似たような曲ばかりで、聞いていても退屈でした。

しかし、行ってみるとそのイメージは変わりました。
お酒を飲みながら、音楽に合わせて体を動かしているだけで理屈抜きに楽しいのです。
また、初対面の女子とのコミュニケーションもなかなか刺激的です。

クラブミュージックの楽しさは、家で聴いているだけでは分かりにくいでしょう。
実際にクラブに行って、あの雰囲気の中で、大音量で聴いたり、音に合わせて踊ることでその魅力に気が付きます。
(もともとそのために作られた音楽なので当たり前ですが。)


このように、体験するまでは食わず嫌いだったことも、実際に体験してみるとその楽しさに気付き、ハマってしまうこともあります。

逆に、体験してみたけど全然面白くなかった、ということもあるでしょう。
それも、やってみなければわからないことです。

「趣味がない」と悩んでいる人をよく見ますが、そういう人に限って「何でも体験してみる」ということをしません。
趣味がないと嘆く前に、色んなことを体験してみてください。

20代の早い段階で色んなことを体験していく中でわかる楽しさ、つまらなさ、知識などが、新しい発見となり、皆さんの視野,世界を広げてくれます。
その視野の広がりは、遊びだけでなく仕事や普段の生活に活かされてくることもあるでしょう。

そして徐々に「自分が本当に好きなこと」がわかってくると思います。

それは、皆さんの今後の人生を豊かにすることにつながっていきます。




20代のうちしかできない遊びがある

遊びには、年相応の遊びというものがあります。
例えば、20代中心のクラブに30代になってから行っても浮いてしまうだけです。

オッサンになってから若い子をナンパしたら不審者扱いです。

世の中は世知辛いもので、20代のうちしかできない遊びというものが確実に存在します。

30代・40代になってから「若いうちにやっておけばよかった…」と後悔しても、20代に戻ることは一生できません。

「若さ」というのは実は非常に貴重なものなのです。
(それに気が付けるのは年を取ってからになると思いますが。)

一度きりしかない20代を大切にし、後悔のないように、今しかできない遊びに挑戦してください。



また、結婚して子供ができると自分の時間が一気に無くなります。
管理人も結婚して子供が一人いますが、自由な時間の大切さをひしひしと感じています。
(このサイトも、子供が寝た後のわずかな時間を利用して更新しています。)

自由に海外旅行に行けるのも、気兼ねなく朝まで飲み明かせるのも、趣味にお金をつぎ込めるのも、独身の今がチャンスです。
20代のうちに、後悔のないように目いっぱい遊んでください。
(そのうち遊びでは満たされなくなって、家庭を求めたり、仕事が楽しくなってきたりすると思います。)


20代のうちは食わず嫌いせず何でもやってみよう! まとめ


以上のことをまとめますと、ポイントは以下の3点

①何事も、やってみて初めてわかる楽しさ、つまらなさ、得られる知識等がある。それが皆さんの視野や世界を広げてくれる。

②色々経験している中で、「自分が本当に好きなこと」がわかってくる。それが人生の充実につながる。

③20代でしかできない遊びがある。また、20代は自由な時間がある。
後から後悔しないように、目いっぱい遊ぶべし。


繰り返しになりますが、体験せずに嫌い、というのと、体験してみて嫌い、というのは雲泥の差です。
体験してみないとその本当の楽しさ(またはつまらなさ)を知ることは一生ありません。

20代は食わず嫌いせず何でもやってみて、その中で皆さんの一生の趣味となるようなものに出会えることを祈っています。

大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)



<関連記事>
不要だと思ったことはバッサリ捨てよう
   
あれこれ悩む前にまずやってみよう!
   
自分の軸を作れ!
   






<あなたにオススメの記事>

自由と責任(権利と義務)はセットである
   
自慢したり、SNSでアピールするのをやめよう!
   
できない理由(言い訳)を語るより、できる方法を考えよ
   
『さとり世代』の若者へ 性欲を原動力に成長せよ!
   
初心者でも大丈夫 20代のうちにクラブに行ってみよう!
   


「その他遊び・生活コラム」の記事一覧へ戻る

About us


管理人はメーカーや商社に勤める、アラサー3人組「Sousei's」

20代の間のリストラ・結婚(離婚)・転職・Uターン…etcなどの様々な経験や、 食わず嫌いだったけど始めてみてよかったという体験をもとに、 「20代で始めるべきこと」を紹介してきます。

■詳しいプロフィールはコチラ

Contact
おすすめ記事
カテゴリー
<関連サイト>
総政ゴルフ部のゴルフコース全ホール写真付きレポート


アラサー男子のためのファッションサイト Around 30 Mag